念首座流

念首座流(ねんしゅざりゅう)とは、赤松三首座の系統の念流首座流とも呼ばれる。

馬庭念流宗家の樋口家に伝わる古文書によると、赤松三首座は、念流開祖・念阿弥慈恩の弟で、慈恩の死まで共に生活し、明徳5年(1394年)に念流を相伝された、と記されている。

江戸時代には、陸奥仙台藩伊勢桑名藩丹波柏原藩などで伝えられた。

また、この系統は、友松偽庵より樋口定次に伝えられ、馬庭念流の基となった。

執筆の途中です この項目は、日本の文化に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ポータル 日本・ウィキプロジェクト 日本文化)。